ドールとランクル80ボディ (組立編3&撮影編)


それでは、一気に仕上げてしましましょう。


残りは、ボディにこれらのパーツを取り付けるだけです。


ちなみに、取り付けは両面テープで行います。ネジや接着剤は使用しません。


では、両面テープを貼ります。


貼り終わりました。


これらをボディに取り付けて…


ついに、ボディの完成です。


リアルです。


後ろはこんな感じです。


ランクル40を並べてみました。ボディの形状に時代の流れを感じます。


それでは、シャーシに取り付けましょう。


これで、「ランクル80」になりました。


リヤ部。


フロント部。


ちなみに、リヤ部のマッドガードがタイヤにぶつかります。走らせるときは取り外した方が良いと思います。


予想以上に時間が掛かりました。






それでは、写真を撮っていきます。


まずは普通に。


正面。


真横。ちなみに、ボディは最も高い位置に取り付けています。マッドガードを外すとボディの位置を下げられるので、もう少し見た目のバランスが良くなると思います。


背面。


上面。


アップで見ると結構雑です。


でも、遠くから見ると気になりません。


下方向から撮ると迫力があります。


上方向から撮ると普通です。


障害物を乗り越えるときに、タイヤがボディにぶつかることはありません。


もちろん、後輪も。


ただ、マッドガードがぶつかります。


ランクル40ボディ登場。シャーシの無いラジコンは、ボディの無いドールのようなものです。


モンスタービートル登場。モンスタービートルよりは大きいです。


アグリオス登場。アグリオスの大きさには敵いません。


再び、ランクル80のワンショット。


今回は、スモークが上手く塗れました。


最後に、もう一枚。


以上、「ランクル80ボディ」編でした。

- 完成 -

[TOP]