ドールとタミヤ「ホットショット」 (組立編4)


続きです。次は、コックピットの屋根の部分を組み立てます。


まずは、ネットを図のような形状に2つカットする必要があります。


切り難いネットですね。


切り取りました。


これをフレームにバンドで固定します。


フレームを合体します。


ルーフをバンドで固定して、屋根の部分ができました。


早速、取り付けます。


あと、リヤ部にダミーのヒートシンクを取り付けます。


モーターケーブルを接続し、バンドでまとめます。


引っくり返し、バッテリープレートを取り付け…


バッテリーを搭載します。


一応、動作確認をしておきましょう。


よし、バッチリです。


ここで、ついに「アレ」の登場です。


そう、タイヤです!


ずっと作りたくて、うずうずしていました


タイヤの完成です。タイヤとホイールの接着指示がなかったので、接着はしませんでした。


前輪を取り付けます。


さらに後輪も取り付けて…


タイヤの取り付け完了です。


ちなみに、バッテリープレートを倒し、コノ字のメンテナンススタンドを差し込むと、タイヤの交換等がやり易くなります。


これで、車体の完成です。






残りはボディとウイングの組み立てです。


塗料も完全に乾きました。


まずは、ボディの組み立てです。ライトを取り付けます。


次は、ウイングにパーツを付けます。


あっという間に、組立完了です。


これにシールを貼ります。シールは1枚だけです。


カットします。


全部カットしてしまいましょう。


カットしました。


まずは、ウイングにシールを貼ります。


ウイングの完成です。文字が中心からずれていますが、マニュアル通りです。


次は、ボディにシールを貼ります。


大きなシールを貼りました。


あとは、小さなシールを貼って…


よし、終わった。


それから、今気づいたのですが、アンテナパイプを通す穴を1箇所、7㎜で空ける必要があります。受信機にアンテナ線が内蔵されている場合は、空ける必要がありません。


これで、ボディの完成です。


いい感です。


ウイングを取り付けます。


さらに、ボディを乗せて…


ついに、「ホットショット」の完成です。


後ろは、こんな感じです。


古いラジコンなので、もっと簡単かと思いましたが、意外と大変でした。


とりあえず組み立ては完了です。撮影と動作確認は次の記事で行います。では。

- 撮影編へ -

[TOP]